刀匠

月山一郎 貞伸

3歳より13絃箏を、15歳より20絃箏を始める。

幼い頃より箏曲及び邦楽コンクールにて優勝を重ね、神童と呼ばれる。2002年より拠点をニューヨークに移し、カーネギー・ホールやワイル・リサイタルホールにてリサイタルを行なう。プラハ・チェロ合奏団、ヒューストン・グランド・オペラ、ハワイ・シンフォニー・オーケストラ等、箏ソリストとしての共演も多数。20絃箏が奏でる新しい音楽やテクニックを模索し続け、そのジャンルを超えた可能性は多くのアーティストやファンを魅了してやまない。