重要無形文化財総合認定保持者(人間国宝)

大倉正之助

能楽囃子大倉流大鼓、大倉流15世宗家故大倉長十郎の長男。(大倉家は室町時代より650年続く能楽囃子「大鼓・小鼓」の家)当初は小鼓方として父より稽古を受ける。9歳で初舞台を踏み、その後17歳で大鼓に転向。大鼓方としての能舞台の活動はもとより、自身で主催する能公演や、薪能、各種公演の企画制作、国内外のインタージャンルのアーティストとのライブパフォーマンス活動、幼稚園〜大学までの教育機関での講演・ワークショップ活動など、大鼓という日本古来からの伝統打楽器を通じて、幅広いジャンルを縦横無尽に横断しながら、伝統文化の伝承と秘めた可能性を追求。世界に向けて日本文化の素晴らしさを発信しているアーティストであり、文化プロデューサーでもある。

© 2018 ZENDEN All Rights Reserved.

一般社団法人 全日本伝統文化後継者育成支援協会 (略称:ZENDEN)

 All Japan Association for Preservation and Inheritance of Traditional Culture(APITC)

◇ 本         部:〒107-0052 東京都港区赤坂9-6-39-901

◇ Official HP: http://www.zenden.or.jp

◇ Official FB : https://www.facebook.com/zenden.or.jp

◇ T   E   L   : 03-4400-2845

◇ F   A   X  : 03-5539-3648

◇ E - m a i l  :  info@zenden.or.jp